オールフォーワングループ

当事務所の新型コロナ感染防止対策について

オールフォーワングループ メンバーブログ

人との縁から福を招く

2023.01.20

こんにちは。オールフォーワングループの笠井です。

つい先日、ニューヨークタイムズ紙で「2023年に行くべき52カ所」のランキングが紹介されましたが、第2位に盛岡市が選ばれ(なんと、地元の方々もびっくり)注目されていました。今年は、コロナ感染に用心しながら少しずつ「旅」が復活しそうな気配!海外にも素晴らしい場所はたくさんありますが、実は近場にもお勧めの名所が隠れています。 そんな推しの注目スポットのひとつを今回はご紹介します。

こちらの写真の「まねきねこ」は世田谷の豪徳寺です。正式名称は、大谿山 豪徳寺。曹洞宗の寺院です。彦根藩主・井伊家の江戸における菩提寺で、井伊家ゆかりの文化財が数多く所蔵しています。地名としては聞いたことがあっても「本当に豪徳寺って名前のお寺があるのね~」と始めて知る方も多いのです。でも実は、外国の方も大勢訪れるくらい人気があるお寺なのです。住宅地から一歩進むと静寂が広がり、敷地内は緑豊かで季節ごとに草木を楽しむこともができます。

そして、なんと言っても『招福猫児(まねきねこ)』が有名です。

~ある日、この地を通りかかった鷹狩り帰りの殿様が、お寺の門前にいた猫に手招きされ、立ち寄ることに。寺で過ごしていると、突然雷が鳴り雨が降りはじめました。 雷雨を避けられた上に、和尚との話も楽しめた殿様は、その幸運にいたく感動したそうです。 それが彦根藩主の井伊直孝でした~

豪徳寺の招福猫児は小判を持っておらず、右手をあげています。招福猫児は、人を招いて「縁」をもたらしてくれますが、福そのものを与えてくれるわけではありません。 人との大切な「縁」を生かせるかどうかは、その人次第。報恩感謝の気持ちがあれば、自然とその人のもとに福が訪れる、という教えから、小判を持たず、右手だけをあげています。

※豪徳寺ホームページより一部抜粋

私も『招福猫児(まねきねこ)』にあやかり、改めて人との縁に感謝する気持ちを忘れずに日々過ごして生きたいと思います。

国松司法書士法人・行政書士国松偉公子事務所サイトはこちら↓
http://www.kunimatu.jp/
最新情報満載の相続遺言相談センターサイトはこちら↓
http://souzokuyuigon.jp/

 

その他の記事

あなたのご相談をお待ちしております

相談は無料です。どうぞお気軽にお問合せください。

【電話でのお問合せ】

0120-514-041

受付時間:[月-土]9:00-18:00

または

メールフォーム

YouTubeチャンネル 司法書士・行政書士国松偉公子事務所

J:COM西東京エリアでCM放映しました