オールフォーワングループ

こんな時、オールフォーワングループがお役にたてます

相続対策として、生前の境界確定測量をおすすめします!

相続発生後に測量を開始した場合、相続人は隣地との境界についてよく知らない上、10ヶ月の申告期限があるために隣接地所有者との境界確認時に足許を見られることにもなりかねません。

土地の境界は、所有者が一番よく知っているわけですから、所有者が元気なうちに隣接地所有者と境界を確認し、境界確定測量をしておくことで、将来の境界紛争の予防になります。境界確定測量に加えて地積更正登記までしておくと、法務局に地積測量図が備えられるのでなお安心です。また、生前に費用をかけて測量・登記することで相続財産を減らす効果もあります。

土地の境界確定測量について

相続税以外の観点からも、「争族」対策として、「生前のうちに遺産分けをしておきたい」=「生前贈与をしたい」、「生前のうちに土地の共有関係を解消しておきたい」=「交換・共有物分割をしたい」とお考えの方もいらっしゃると思います。

生前贈与について

生前の境界確定測量から贈与登記、交換・共有物分割登記、お亡くなりになったあとの相続登記まで、すべてわたしたちにお任せください!

もちろん、商業法人登記についても設立、増資・減資、役員変更、本店移転、等、取り扱ってございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

商業法人登記について

あなたのご相談をお待ちしております

相談は無料です。どうぞお気軽にお問合せください。

【電話でのお問合せ】

0120-514-041

受付時間:平日9:00-20:00

または

メールフォーム

J:COM西東京エリアでCM放映しました

YouTubeチャンネル 司法書士・行政書士国松偉公子事務所